チンゲンサイ・タイサイなど

青梗菜・体菜 英名:Pak choy 植物分類:アブラナ科

代表品種:チンゲンサイ 緑陽

収穫物写真

タネの写真

芽生え写真

本葉が出た頃

商品の特徴

いずれも中国野菜で、中華料理に欠かせない青菜ですが、和食料理にも使える便利な食材として重宝されています。トーホクの品種はいずれも栽培特性に優れ作りやすく、生育旺盛でボリューム感ある品種のラインナップです

栽培難易度

初心者向き

注意事項

同じアブラナ科同士の連作は避けましょう

チンゲンサイ・タイサイなどの商品

  • チンゲンサイ 緑陽(りょくよう)

    小さな苗から大きな株まで幅広く収穫でき、栽培容易でほぼ周年利用できます

    1袋当たりのおよその粒数:1100粒

  • チンゲンサイ 好菜(ハオツァイ)

    特に高温期の栽培に向けて開発された耐暑性ある揃いの良い品種

    1袋当たりのおよその粒数:1000粒

  • 雪白体菜

    春まきは小さいうちに収穫し、秋まきは大株にして霜に当ててシャクシ菜漬にします

    1袋当たりのおよその粒数:1700粒

  • タアサイ

    冬の寒さに耐えて美味しくなり、どんな料理にも使える万能葉物

    1袋当たりのおよその粒数:2000粒

  • 二貫目体菜

    葉も茎もとてもやわらかく、雪白体菜よりも一回り大型で、大葉で尻張りに優れます

    1袋当たりのおよその粒数:2300粒

  • 長岡菜

    寒さに強く、生育旺盛。青い葉と純白の茎のコントラストが美しく、おいしい品種

    1袋当たりのおよその粒数:1700粒

  • チンゲンサイ

    暑さに強く生育旺盛。尻張り良く、肉厚でボリューム感、重量感のある品種

    1袋当たりのおよその粒数:1000粒

もっとみる