ツケウリ

白瓜・漬瓜 英名:Oriental pickling melon 植物分類:ウリ科

代表品種:大白瓜

収穫物写真

タネの写真

芽生え写真

本葉が出た頃

商品の特徴

近年は農家も農産物をただ作るだけでなく、生産・加工・流通までを一体化する、いわゆる6次産業化の時代と言われています。地域固有の特産野菜を様々な加工品にして販売していく取り組みが盛んですが、市場流通では目にすることが珍しくなったツケウリの仲間が、このように取り上げられている場面が散見されます。郷土の知恵と結び付いた野菜の数々もトーホクは大事に守っていきます。

栽培難易度

中級者向き

注意事項

同じウリ科野菜との連作は避けるようにしましょう

ツケウリの商品

  • 白はぐら瓜

    果肉やわらかく、歯がぐらぐらした人も食べられると言う浅漬け最適品種

    1袋当たりのおよその粒数:56粒

  • 青はぐら瓜

    やわらかく浅漬けに最適。夏のサッパリとしてた食感を楽しめる白瓜

    1袋当たりのおよその粒数:49粒

  • 大白瓜

    2kg位になる大型の奈良漬け用。夏の高温や雨に強く栽培容易

    1袋当たりのおよその粒数:54粒

  • くろ瓜

    果肉やわらかく一夜漬けに最適。夏の暑さに強く、作りやすい早生種

    1袋当たりのおよその粒数:60粒

  • 沼目白瓜

    長野県須坂市沼目地区で育てられた果肉が厚く柔らかい漬け物に適した豊産種

    1袋当たりのおよその粒数:60粒

  • 信州青皮漬瓜

    1~1.5kgの大型でやわらかく独特の風味。新潟県の高田白瓜の仲間です

    1袋当たりのおよその粒数:70粒

  • 改良松本ほん瓜

    松本市周辺を中心に南信地区で育てられている耐病性があり、やわらかい品種

    1袋当たりのおよその粒数:57粒

  • ほんしま瓜(奈良漬瓜)

    長野県南信地区で育てられた、夏の高温に強く果肉やわらかくやや小型の品種

    1袋当たりのおよその粒数:70粒

  • かりもり瓜(青瓜)

    果肉硬い奈良漬け用品種。「青皮かた瓜」とも呼ばれる歯切れの良い品種

    1袋当たりのおよその粒数:80粒

  • 改良青しま瓜

    九州で育てられた暑さに強く果肉やわらかい浅漬け・長期漬け兼用種

    1袋当たりのおよその粒数:51粒

  • 徳佐瓜

    山口県で育てられた作りやすい品種。やや小型で肉質ち密、歯切れの良い果実

    1袋当たりのおよその粒数:80粒

  • 長崎漬瓜

    果肉厚くて硬い歯切れの良い品種。果実に10条の縦縞が入る長崎市の漬け瓜

    1袋当たりのおよその粒数:84粒

もっとみる