ハクサイ

白菜 英名:Chinese cabbage 植物分類:アブラナ科

代表品種:郷秋60日

収穫物写真

タネの写真

芽生え写真

本葉が出た頃

商品の特徴

トーホクのハクサイは作りやすく、猛暑や大雨など激しい気象変動にも耐える安定した栽培特性。そして何より黄芯系ハクサイの火付け役となった伝説的な品種の血を受け継いだ高い品質。オリジナルの良食味で市場性の優れた蒼々たるシリーズです。

栽培難易度

初級者から中級者向き

注意事項

同じアブラナ科同士の連作は避けましょう

調理メモ

漬け物にする時は茎元に包丁を入れ、後は手で裂くと細かい葉屑が出ず、無駄がありません

ハクサイの商品

  • 郷秋60日

    タネまきから60~65日で収穫できる早生種。黄芯系で2.5kgになります

    1袋当たりのおよその粒数:450粒

  • 郷秋70日

    タネまきから70~75日で収穫できる中早生種。球は2.8kgの良食味黄芯系

    1袋当たりのおよその粒数:500粒

  • 郷秋80日

    タネまきから約80日で収穫となる中生種。球は3~4kgで漬け上がり早い黄芯系

    1袋当たりのおよその粒数:370粒

  • 郷秋85日

    遅どりや貯蔵用に適する中晩生種。85~90で約4kgの大球となる黄芯系

    1袋当たりのおよその粒数:380粒

  • 郷秋90日

    耐寒性に優れた黄芯系中晩生種。結束、囲いともに可能で極上の食味となります

    1袋当たりのおよその粒数:600粒

  • 郷秋50日

    タネまきから55~60日で収穫できる極早生種。2kgになり、鮮やかな黄芯系

    1袋当たりのおよその粒数:500粒

  • 大宝60日

    根こぶ病はじめ各種病害に極めて強く、安心して作れる黄芯系の早生品種

    1袋当たりのおよその粒数:550粒

  • 北海60日(販売地域限定)

    作りやすい極晩抽性早生品種。2.5kg位になる食味の優れる黄芯系です

    1袋当たりのおよその粒数:900粒

  • 春まき春光白菜

    春まきに適した極晩抽性の早生種。黄芯系でやわらかく品質も良い

    1袋当たりのおよその粒数:500粒

  • CR千舞65日

    根こぶ病の疑われる畑では、ぜひ使うことをおすすめしている早生品種です

    1袋当たりのおよその粒数:550粒

  • CR千舞80日

    根こぶ病に強い黄芯系中生種。約80日で3kgの大球となる作りやすい品種

    1袋当たりのおよその粒数:350粒

  • 松島新2号

    従来の松島新2号白菜をさらに病気に強く改良しました。外葉の緑がきれい

    1袋当たりのおよその粒数:500粒

  • 京都3号

    やわらかく漬け上がりの早い品種。80~85日で約4kgの大球となります

    1袋当たりのおよその粒数:450粒

  • 加賀白菜

    従来の加賀白菜の特長を生かし、3~4kgの大球でやわらかくした改良系

    1袋当たりのおよその粒数:500粒

  • 王城白菜

    濃緑でしっかりとした葉質。病気に強く作りやすく、約3kgで取り回しの良いのハクサイ

    1袋当たりのおよその粒数:500粒

  • 野崎白菜

    品質の良いことで有名な野崎白菜の良さをもとにさらに美味しく改良しました

    1袋当たりのおよその粒数:400粒

  • 愛知白菜

    播種後65日で2kgとなる早生種。特に暖地の遅まきに向き、柔らかく美味しい

    1袋当たりのおよその粒数:400粒

  • 花心白菜

    中心部が黄金色になる半結球タイプ。長期間つけても品質が低下しません

    1袋当たりのおよその粒数:400粒

  • まぼろしの白菜を作ってみませんか あずま山東菜

    外葉の緑色と内部の黄金色のコントラストが実に美しい漬け物用白菜の逸品

    1袋当たりのおよその粒数:650粒

  • 豊秋50日

    タネまきから55~60日で収穫できる極早生種。2kgになり、鮮やかな黄芯系

    1袋当たりのおよその粒数:780粒

  • 豊秋60日

    タネまきから60~65日で収穫できる早生種。黄芯系で2.5kgになります

    1袋当たりのおよその粒数:700粒

  • CR千秋65日

    根こぶ病の疑われる畑では、ぜひ使うことをおすすめしている早生品種です

    1袋当たりのおよその粒数:900粒

  • 豊秋70日

    タネまきから70~75日で収穫できる中早生種。球は2.8kgの良食味黄芯系

    1袋当たりのおよその粒数:650粒

  • 豊秋80日

    タネまきから約80日で収穫となる中生種。球は3~4kgで漬け上がり早い黄芯系

    1袋当たりのおよその粒数:600粒

  • CR千秋80日

    根こぶ病に強い黄芯系中生種。約80日で3kgの大球となる作りやすい品種

    1袋当たりのおよその粒数:600粒

  • 豊秋85日

    遅どりや貯蔵用に適する中晩生種。85~90で約4kgの大球となる黄芯系

    1袋当たりのおよその粒数:600粒

  • 豊秋90日

    耐寒性に優れた黄芯系中晩生種。結束、囲いともに可能で極上の食味となります

    1袋当たりのおよその粒数:800粒

もっとみる