オカヒジキ

陸鹿尾菜 英名:Saltwort 植物分類:ヒユ科

代表品種:オカヒジキ

収穫物写真

タネの写真

芽生え写真

本葉が出た頃

商品の特徴

日本では古くは各地の海岸に広く自生していたオカヒジキを野菜として利用していたと言われています。細長い緑の葉を海藻のヒジキに見立ててオカヒジキ、ヒジキ菜などと呼ばれ、地域によっては緑色の藻の一種のミル(海松)に似ていることからオカミル、ミルナとも呼ばれます。鮮やかな緑色が印象的で、やわらかい若芽はシャキッとした独特な歯ざわりです。病気や害虫の心配もほとんどなく、栽培しやすいので家庭菜園初心者にもおすすめの野菜です。

栽培難易度

初心者~中級者向き

調理メモ

下ゆですると時、ゆで過ぎると鮮やかな緑と食感が損なわれるので注意しましょう。

オカヒジキの商品

  • オカヒジキ

    若芽を摘んで茹でると鮮やかな緑になり独特な歯ざわりと風味が楽しめます

    1袋当たりのおよその粒数:230粒