ササゲ

 

  • 文字サイズ

①作物特性

ササゲは地力のない畑でもよく育ち、インゲンと異なり夏の暑さに強く、乾燥にも強い作物です。そして家庭菜園では夏場の収穫物としては貴重な品目です。寒さに弱いので地面の温度が低い時期のタネまきは避け、十分暖かくなってからタネまきします。つるが伸びる作物ですから支柱を立てて誘引します。

②畑の準備

ササゲは連作すると生育が劣りますので他のマメ類を3~4年栽培していない畑を選びましょう。また酸性土壌を嫌うので、植えつけの約2週間前には1㎡当り堆肥2kgと苦土石灰120gを施し、よく耕しておきます。その後、植え付け前に化成肥料を1㎡あたり50g施し、うねを立てます。

ササゲは畑がじめじめしているような環境は苦手ですから、うねの高さは15cm位が適当ですが、排水の悪い畑ではもう少し高いうねを立てるとよいでしょう。マルチを張ると雑草防除と地温確保、土壌水分保持に有効です。

③タネまき

ササゲの発芽適温は25℃前後です。遅霜の心配がなくなり、十分暖かくなってからタネをまきましょう。
タネは約2cmの深さに1カ所数粒ずつまきます。タネをまいたらしっかりと水をやりましょう。

鳥の食害を防ぐために、テグスや防鳥テープなどを畑の周囲やタネをまいた近くへ設置しましょう。
発芽してきたら本葉が2~3枚までに1本立ちにします。

④タネまき(ポットで苗を育てる場合)

直径7~9cmのポットに市販の育苗培土をつめ、深さ2cm位の深さにタネをまきます。

土をかけて上から軽くおさえ、最初はしっかりと水をやります。日当たりの良い場所におき、防虫ネットなどをかけて鳥避けにすると良いでしょう。

⑤植え付け

タネをまいて10日後の本葉が2枚前後の苗を植えつけます。

ポットがすっぽり入る位に植え穴をあけ、苗を植えつけます。ポットの土をくずさないようにていねいに植え、水をしっかりあげます。

⑥誘引管理

つるあり種ですからネットを張り、絡ませて育てます。本葉5枚前後に生育したら、つるが伸びてきますので、その頃までに支柱を立ててネットを準備しましょう。

つるの先端が伸びてきたらネットに絡めてやります。

つるが支柱の先端まで伸びたら、摘芯します。摘芯すると側枝の発生がよくなります。

⑦追肥

追肥は株の状態をみながら莢が成りだしたころから1㎡あたり化成肥料30gを約10日置きに施します。追肥した後は雨水だけに頼らず、定期的にかん水を行えば肥料の効きが良くなります。

⑧収穫

品種によって収穫サイズは異なりますが、花が咲き出してから約2週間後から収穫できます。莢の中の豆のふくらみが目立たないうちに収穫します。

若さやで利用する場合、とり遅れると食味も落ちます。十六ささげでは35~40cm、三尺ササゲでは45cm位が適当です。

⑨ササゲ豆の収穫

宮古島黒小豆などササゲ豆を収穫する場合、莢が充分黄色くなったものから順次に収穫します。

とり遅れると莢が割れて中の種子が地面にこぼれますので注意しましょう。

その後風通しの良い所で乾燥させてから豆をとり出し、更に乾燥させます。豆が十分乾燥してから保存します。