ネギ

 

  • 文字サイズ

①作物特性

ネギには白根(葉鞘部という葉の基部)を食べる根深ネギ(長ネギ)、ある程度育てた緑の葉を食べる葉ネギ、葉ネギを若どりする小ネギといった区分があります。用途に合った品種を選びましょう。いずれも暑さ、寒さ、乾燥にはよく耐えますが、湿害に弱い作物です。水はけの良い畑を選び、畑の排水対策をしておくことがポイントです。

根深ネギの栽培は長期にわたりますが一度大きくしておけば長く収穫でき、寒さに耐えた味は格別です。個性豊かな品種も様々あり、味わいの違いも楽しめます。一般的に根深ネギは冬が旬の野菜ですが、トウ立ちの遅い品種や暑さに強い品種を選べば一年を通して栽培が可能です。特にトウ立ちすると食味が落ちますので春に収穫する場合はトウ立ちの遅い品種を選び、肥料を切らさずしっかり土寄せし、寒さから株を守りましょう。

初心者の方は葉ネギや小ネギ栽培がおすすめです。特に小ネギは栽培期間も短く、プランターなどでも栽培できます。薬味などに重宝する野菜ですので家庭菜園では常に作っておきたい野菜です。

②タネまき

植えつける畑とは別に育苗床を準備してタネをまきます。1㎡当たり堆肥3kg、苦土石灰150g、化成肥料100gを施用しよく耕してうねを立てます。

深さ1cm程度のまき溝をつけます。支柱などを使ってまき溝をつけると便利です。

タネを約1cm間隔ですじまきします。まき溝は深くなり過ぎないよう注意します。土をかけて水をやります。水やりはタネが水で流されることのないよう、最初は散水用のジョウロなどでていねいにやります。

発芽までは乾きすぎることの無いように、また過湿にならないよう注意しましょう。ほかの葉菜類と比べて生育がゆっくりと進むため、雑草に負けないように注意して除草します。

苗が伸びすぎて倒れるようなら、葉先をハサミなどで剪葉します。剪葉すると植えつけ時の倒伏防止や苗の太り促進に効果的です。また、根に酸素を送るため、土の表面が硬く締まってきたら条間を軽く中耕します。


③畑の準備

長ネギの場合、何度も土寄せして白身を長くするため、土層の深い畑で栽培します。また酸性土壌は生育不良となりますから、あらかじめ苦土石灰を施して耕しておきます。一般的な元肥量は1㎡当たり堆肥3kg、苦土石灰150g、化成肥料100gです。

深さ15cm位の植え溝を掘ります。植え溝の幅は平鍬(ヒラグワ)の幅と同じ15cm位とします。もし2本以上の植え溝を作る場合は90cm以上の間隔をあけます。なお植え溝は南北方向に掘るのが理想的です。

④植えつけ

植えつけ適期の苗の大きさは鉛筆程度に太くなった頃です。苗床から引き抜き、植え付け後に勝ち負けが出ないように苗の太さを揃えておきます。

植えつけは、植え溝を南北に切った場合は植え溝の西側に、東西に切った場合は植え溝の北側に、立て掛けるように並べて株元に土をかけます。

株間は3~4cmを目安にし、葉の分岐部分より上が土で隠れないようにします。

その後、植え溝の底に切りワラなどを敷きます。切りワラなどがない場合は落ち葉や刈り取って乾燥させた草などを敷いても良いでしょう。

⑤管理作業(追肥・土寄せ)

うね間の土を株元に盛る「土寄せ」を行い、白身を伸ばしていきます。3~4週間ごとにうね1mあたり化成肥料25gを追肥し、土寄せします。栽培期間中4回程度行います。

この作業は真夏にはネギの根が傷むので行ってはいけません。また葉の分岐部分より上に土がかからないようにします。

追肥は約一ヶ月ごとにネギの株元に行います。その後分岐部分のすぐ下までしっかり土を寄せ、鍬の背で土を押さえるようにします。

追肥と土寄せは栽培期間中通常4回程度行います。

⑥その他の管理

秋まき苗の場合、春にトウ立ちしますから、その際はネギ坊主を摘み取ります。その後自然とわき芽が伸びてきて収穫できます。

セルトレーを使って育苗することもできます。200穴トレーを使う場合は、1穴に2~3粒ずつタネをまきます。セルトレー育苗は乾きやすいので注意して管理します。

育苗中に肥料が切れないよう、水やりの時に定期的に薄い液体肥料を施します。

タネをまいてから45~50日で、植えつけ適期の苗となります。苗が伸びすぎて倒れるようなら、葉先をハサミなどで剪葉します。

⑦収穫

ある程度の大きさになればいつでも収穫できます。必要な分だけ掘り上げて新鮮な風味を味わいましょう。

ネギを傷つけないように注意しましょう。

真上に引き上げるようにして収穫します。抜けないときは反対側もクワなどで崩します。

⑧葉ネギ(九条ネギなど)の栽培のポイントと注意点

長ネギの栽培に準じてタネをまき、苗を育てます。長ネギ同様、苗が鉛筆程度に太くなったら、苗床から引き抜き植えつけます

水はけが悪ければうねを立て、約25cmの条間、株間10~20cmとし、5cm位の深さの植穴をあけます。

苗は差し込むように植えつけます。活着したら1㎡あたり化成肥料25gの化成肥料を施し軽く土寄せします。生育が進めば随時収穫出来ます。株を引き抜かないで葉を切り取って利用すれば長い間楽しめます。

⑨小ネギ栽培の注意点・ポイント

畑で栽培する場合、長ネギの栽培に準じてタネをまきます。元肥は1㎡当たり苦土石灰150g、堆肥3kg、化成肥料100gを施用しよく耕します。15cm間隔で深さ1cmのまきすじをつけ、株間1cmでタネをまきます。発芽から本葉が伸びるまでは乾燥しないように、過湿にならないようにていねいに水をやりましょう。生育初期から「芽ネギ」としても収穫できますし、葉の長さが40~60cmが小ネギ収穫に適した大きさです。

株ごと抜いて収穫しても良いですが、地際から2cmほど上で刈り取り収穫すると残った株から新しい葉が再び出てきて、新しい葉をさらに収穫することができます。プランターで栽培する場合は深めのプランターを用いて、市販の培養土を用います。