ピーマン・トウガラシ

 

  • 文字サイズ

①作物特性

ピーマンやトウガラシ類はいずれも暑さに強い夏の代表的な野菜です。高温性の作物ですから、暖かくなってからタネをまき、霜の心配がなくなってから植えつけます。病気や害虫の被害も少なく栽培は比較的容易ですから、家庭菜園の初心者も取り組める野菜で、プランターを利用してベランダでの栽培もできます。果実を連続して収穫するためには肥料切れを起こさないように、追肥と水やりを欠かさないことがポイントです。地方色豊かな様々なトウガラシ品種を食べ比べて辛さの違いも認識するのも楽しいものです。

②畑の準備

ピーマン・トウガラシ類はいずれもナス科の野菜です。連作を嫌いますから、同じナス科のトマトやナスやジャガイモなどとの連作も避け、3~4年間隔をあけます。植えつけの2週間前には1m²当たり堆肥3kg、苦土石灰100gを施し良く耕しておきます。その後植えつけ前に化成肥料100gを施し、幅60cmのうねを立てます。うねの高さは15cm位が最適です。雑草防除と土壌水分保持のためにマルチを張っておきます。

③タネまき

発芽適温は25~30℃と比較的高いので暖かくなってからタネをまきましょう。ポットに市販の培養土を入れ、ポット3カ所に、少し離して深さ5mm程度に1カ所に1粒ずつタネをまきます。土をかけて手で軽く鎮圧します。水をたっぷりかけ、発芽まで乾燥させないようにします。

本葉2枚の頃までに生育の良いものを残して他は間引き1本にします。

ピーマンは高温性の野菜です。充分に日光に当てて、葉が厚く節間の短いがっちりした苗に育てることが大切です。1番花が咲く頃までしっかり管理しましょう。

④植えつけ

1番花が咲いた頃が植えつけの適期です。地温が低いと生育が悪く花が落ちてしまいます。植えつけの数日前にはマルチを張って地温を上げておくことがポイントです。株間は50cm以上とります。

植えつけた後はしっかりと水をやり、倒れないように仮の支柱を立てて誘引します。

⑤管理作業(整枝・誘引)

1番花のすぐ下のわき芽が強い性質があるので、主茎以外にわき芽2本を残して、他は早めに摘み取り3本仕立てにします。

ピーマンは枝が弱く、風で折れたり倒れたりしやすいので、必ず支柱にしっかり固定しましょう。
伸ばした側枝に沿うように支柱を斜めに立て、その後この側枝も支柱に固定します。

⑥追肥

植え付けの2週間後から約2週間おきに、化成肥料40gを株元に追肥します。

⑦収穫

一番花の果実は株を疲れさせないため特別にまだ小さいうちに収穫します。その後は適当な大きさになれ順次収穫します。ピーマン・トウガラシ類の枝は折れやすいので、収穫は必ずハサミを使いましょう。

⑧その他の管理事項

パプリカ(カラーピーマン)の果実は通常のピーマンより遙かに大きくなります。さらに最初緑色に育ってから赤や黄色に徐々に色が変わっていくので、パプリカが収穫できるまではピーマン以上の日数がかかります。途中で実が腐る原因にもなるので、生育期間中には乾燥させないよう注意して水やりをします。