POINT

1.必ず直まきする
2.良く耕して、土は細かく砕いておく
3.菜園はうねを高くして、水はけを良くする
4.早まきするとトウ立ちの危険があるので、暖かくなってからまくか、ポリフィルム(マルチフィルム)やビニールトンネルなどの保温資材を用いる
5.プランター栽培の場合は、水切れしないように注意する
※ 表はあくまで目安です。地域や気候などによって多少異なります。

ダイコン/アブラナ科

カブ/アブラナ科

ゴボウ/キク科

ニンジン/セリ科