オミナエシ

女郎花 英名:Golden lace 植物分類:オミナエシ科
花言葉:美しい人、はかない恋

代表品種:早咲おみなえし

開花写真

タネの写真

芽生え写真

まき方

商品の特徴

オミナエシは美女(おみな)も圧倒(へし)する美しさという説や、黄色い小花が女性の食べていた粟飯(おみな飯)に似ている事から名付けられたなど諸説あります。秋の七草のひとつで、秋風にゆれる花姿は移りゆく季節を実感させるに十分な存在感があります。

栽培難易度

中級者向け

タネのまき方

ポットに市販の培養土を詰め、タネを2~3粒まきます。土かけは2mm位とし、本葉2~3枚で1本に間引きます。


育て方

日当たりと水はけの良い場所を好みます花壇には多めの腐葉土と苦土石灰、少量の有機質肥料を施しよく耕しておきます本葉2~3枚の頃に30cm間隔に植えつけます春にまけば翌年から咲きます。秋まきは翌年の開花は少ない場合があります。2~3年は咲きますが、それ以降は株分けして下さい

管理ポイント

日当たりのよい場所を好み、乾燥にも強い性質です。夏場に枝を切り取るとまとまりがよくなります。株分けで増やすことが可能です

発芽適温 :20℃前後  生育適温 :15~25℃  育てる場所 :日当たりと水はけの良い場所

    オミナエシの商品

  • 早咲おみなえし

    日本原産の花で、秋の七草のひとつとして昔から親しまれています

    花の大きさ:5mm 草丈:80~100cm 
    1袋で育つおよその苗数:30本