カリフォルニアポピー

花菱草 英名:California poppy 植物分類:ケシ科
花言葉:甘美

代表品種:カリフォルニアポピー

開花写真

タネの写真

芽生え写真

まき方

商品の特徴

日本へは明治初期に渡来し、家紋の花菱紋に見立てて和名が付きました。カリフォルニア州の州花で、アメリカ西部に広く自生していることから乾燥した場所でも丈夫に育ち、病虫害もほとんどつかない手がかからない草花です。アルカロイドが含まれ有毒ですがアメリカ先住民は汁液を歯の鎮痛剤として用いたと言われています。日中開き、夜には閉じる花で、長い開花期を楽しめます。

栽培難易度

初心者向け

タネのまき方

ポットに市販の培養土を詰め、タネを4~5粒まきます。土かけは3~4mmとし、本葉2~3枚で1本に間引きます。


育て方

日当たりと水はけの良い場所を好みます花壇には多めの腐葉土と苦土石灰、少量の有機質肥料を施しよく耕しておきます本葉4~5枚の頃に20cm間隔に植えつけます60cmプランターなら3~6株位が良いでしょう冬に霜柱が立つような場所では霜よけします

管理ポイント

酸性土壌を嫌うので植えつけ前には必ず苦土石灰を施します。肥料が多いと株が茂りすぎるので控えめにします。直根性ですから移植するなら小苗のうちに、また株間を十分にとって乾燥気味に管理して下さい

発芽適温 :15~20℃  生育適温 :10~25℃  育てる場所 :日当たりと水はけの良い場所

    カリフォルニアポピーの商品

  • カリフォルニアポピー

    輝くような色彩で「ハナビシソウ」とも呼ばれる花です

    花の大きさ:3~4cm 草丈:30~40cm 
    1袋で育つおよその苗数:100本