サルビア

緋衣草 英名:Salvia 植物分類:シソ科
花言葉:知恵、燃ゆる想い、平和な家庭

代表品種:サルビア

開花写真

タネの写真

芽生え写真

まき方

商品の特徴

サルビアという名は、ラテン語の健康(salvus)に由来します。抗菌作用のあるハーブのセージ(薬用サルビアとも呼ばれます)も同じ仲間で、他にも薬用になる種類がいくつか含まれます。筒状の萼から、長い花筒をもつ唇花が出ていますが、幼少期にはこの唇花を引き抜いて蜜を味わったこと人も多いことでしょう。夏から秋の花壇で最もポピュラーな草花のひとつと言えるでしょう。

栽培難易度

初心者向け

タネのまき方

上図の要領でタネを均一にまきます。土かけは1mm位とし、本葉2枚でポットに移植し、本葉5~6枚で植えつけます。苗が細かいのでスプーンで何株かまとめてポットに移植し、管理しながら間引きます。


育て方

日当たりと水はけの良い場所を好みます花壇には多めの腐葉土と苦土石灰、少量の有機質肥料を施しよく耕しておきます本葉7~8枚の頃に20cm間隔に植えつけます60cmプランターなら3~6株位が良いでしょう順調に発芽させることがポイントです。発芽まで乾燥させないように

管理ポイント

日照が不足すると花が少なくなるので日当たりのよい場所に植えます。蒸れに弱いので風通しのよい場所で管理して下さい

発芽適温 :20~25℃  生育適温 :15~30℃  育てる場所 :日当たりと水はけの良い場所(半日陰)?

    サルビアの商品

  • サルビア

    緋赤の花と緑の葉が調和した、夏花壇に欠かせない花です

    花の大きさ:2~3cm 草丈:30~40cm 
    1袋で育つおよその苗数:25本

  • サルビア コクシニアミックス

    燃えるようなスカーレットと優しいピンクの花期の長い品種です

    花の大きさ:2~3cm 草丈:30~40cm 
    1袋で育つおよその苗数:80本

  • サルビア ブルーダイヤモンド

    初夏から秋まで長期間咲く、美しい青色の品種です

    花の大きさ:1~2cm 草丈:50~80cm 
    1袋で育つおよその苗数:25本