カンパニュラ

八代草、風鈴草 英名:Campanula 植物分類:キキョウ科
花言葉:感謝、後悔、誠実

代表品種:やつしろ草

開花写真

タネの写真

芽生え写真

まき方

商品の特徴

やつしろ草は九州の高原地帯でよくみられ、熊本県八代で見出されたことから名付けられました。つりがね草はフウリンソウと呼ばれている植物です。カンパニュラはホタルブクロ属の属名で、ラテン語の小さな鐘(campana)に由来し、英語では「Bell flower」とも呼びます。西洋では教会の鐘になぞらえ、感謝などといった花言葉が付いたのかも知れません。

栽培難易度

中級者向け

タネのまき方

下記の要領でタネを均一にまきます。土かけは1mm位とし、本葉2枚でポットに移植し、本葉5~6枚で植えつけます。


育て方

日当たりと水はけの良い場所を好みます花壇には多めの腐葉土と苦土石灰、少量の有機質肥料を施しよく耕しておきます本葉3~4枚の頃に20cm間隔に植えつけます60cmプランターなら3~6株位が良いでしょう雨に当たらないように管理しましょう。冬に霜柱が立つような場所では霜よけします

管理ポイント

水はけのよい土壌で乾燥気味に管理します。寒さには比較的強い方です。日照不足だと花色が薄くなる場合があるので注意して下さい

発芽適温 :20℃前後  生育適温 :5~25℃  育てる場所 :日当たりと水はけの良い場所

    カンパニュラの商品

  • やつしろ草

    日本の風土にぴったりの花で、宿根して毎年花を咲かせます

    花の大きさ:2~3cm 草丈:50~80cm 
    1袋で育つおよその苗数:250本

  • つりがね草

    和名を「フウリンソウ」とも呼び、春にまいて翌年咲く二年草です

    花の大きさ:3~4cm 草丈:60~100cm 
    1袋で育つおよその苗数:200本