ホーム > 商品紹介 > ダイコン(春まき) > かんたん栽培

春ダイコンのかんたん栽培

手順1 - 準備とタネまき

図
菜園は良く耕しておくこと。さらにまた根の原因になるので石コロなどは取り除き、土の塊(かたまり)は細かく砕いておく。 1m2当たりたい肥2kg、苦土石灰100g、化成肥料50gの肥料を施してさらに良く耕す。水はけを良くするために20~30cmの高うねにして1ケ所に4~5粒位まく。ダイコン、ニンジン、ゴボウなどの根菜類は菜園に直接まく(直まき)のが原則。


手順2 - 間引き

図タネをまいた後に強い雨が降ると土の表面が固まり、芽が出ないことがあるので注意する。適温だと2~3日で発芽する。間引きは一度にやろうとせず2~3回に分けて行うこと。


図1回目の間引きは双葉が展開した時に3本に間引きし、周囲の土を除草を兼ねながら土寄せし、株が風で振り回されないようにする。次に本葉2~3枚になったら2本にし、やはり土寄せする。さらに本葉5~6枚になったら1本にし、ひと握りの化成肥料を施して周囲の土とよく混ぜながら土寄せする。


タネまきの時期と保温資材のめやす

図春のダイコン栽培で最も問題となるのが「とう立ち」。これはダイコンが発芽した段階で低温にさらされたために起こるもの。まく時期に注意し、また保温資材を上手に活用して「とう立ち」を防止しよう。

図


  • 前のページへもどる