ホーム > 清原育種農場のご紹介 > 研究部門(3)耐病性育種

清原育種農場のご紹介

当社の研究開発部門である清原育種農場。内部の研究部門についてご紹介します。

ようこそ!清原育種農場へ

研究部門(3)耐病性育種

「耐病性育種」とはちょっと聞き慣れない言葉だと思います。ご存知のように野菜などの植物にはカビ(糸状菌)や細菌、ウイルスなどの原因による病気があります。しかし系統や品種によっては抵抗力の強さに大きな差があります。この抵抗力の弱い品種を強く改良することを耐病性育種といいます。

育種とは新しい品種の育成・開発をすることですが、育種における最重要テーマのひとつにあげられるのが「病気に強い性質(耐病性、抵抗性)の付加」、すなわち「耐病性、抵抗性育種」です。 清原育種農場内にはこの「耐病性、抵抗性育種」を専門に行なう部署があり、完全隔離された圃場、並びに施設を保持しております。 これまでに数多くの品種を生み出しておりますが、さらなる成果を出すため国内外より必要な素材(抵抗性を持つ植物体や病原菌)の収集に努め、技術の開発そして確立に邁進しております。

一覧ページに戻る