とろとろステーキなす ®

特性

果実が500g以上にもなる大型ナス品種ですが、米ナスとは全く異なり、加熱調理で凝縮された味とトロトロの極めてやわらかい食感が味わえます。食べ応え充分で、絶品の味わい。グルメ好みの贅沢な逸品です。

発芽適温

20~30℃

生育適温

20~30℃

   

栽培方法

連作を嫌うので3~4年ナス科野菜(ナスだけでなく、トマト、ピーマン、ジャガイモも含まれます)を作ってない畑を選びます。畑には1㎡当たりたい肥3kg、苦土石灰100g、化成肥料100gを施し、マルチを張れば地温確保と雑草防除に有効です。ポットにタネを2~3粒まいて発芽後1本に間引きます。苗が育ち、本葉6~7枚で最初の花が咲いた頃に畑に植え付け、支柱を立てて倒れないようにします。第1花のすぐ下のわき芽を2本残し他のわき芽は摘み取り、3本仕立てにします。果実が成りだしたら1株当たり50gの化成肥料を1週間おきに追肥します。形の悪い果実は小さいうちに摘み取り、果実が重くなる前に支柱などに吊るすと良いでしょう。花が咲いてから収穫までは、20~30日かかります。