日本ほうれん草

日本ほうれん草

特性

日本ほうれん草の食味を残し、作りやすいように病気に強く改良した品種です。葉は濃緑で照りがあり、根が鮮やかな紅色になる味に定評のあるほうれん草です。

発芽適温

15~20℃

生育適温

15~20℃

栽培方法

酸性の土では良く育ちませんから、タネをまく前には必ず苦土石灰を施してよく耕しておきます。一般的には1㎡当たりたい肥2.5kg、苦土石灰150g、化成肥料70gです。条間15cmですじまきします。発芽したら生育に応じて順次間引きし、最終的には株間を5cm位にします。タネまき後に強い雨で土の表面が固まり、芽が出ないことがありますので注意してください。冬に霜の当たると一層おいしくなります。