黒キャベツ グルメケール

gourmetkale

特性

イタリア中部トスカーナ地方の特産野菜で、現地では「カーボロネロ」と呼ばれています。展開した葉は甘みがあり、下から順次摘んで収穫します。繊維質がしっかりしているので煮くずれしにくく、ロールキャベツのような煮込み料理やオリーブオイルを使った炒め物、天ぷらなどの加熱調理に向きます。ビタミンCや抗酸化力は野菜の中でもトップクラスと言われています。またポタジェガーデンにも欠かせない存在で、プランター栽培も可能です。

発芽適温

15~25℃

生育適温

5~25℃

栽培方法

中間地や暖地では春から秋まき、冷涼地では春~初夏まきします。ポットにタネをまいて間引きし、本葉5~6枚で株間30~40cmに植えます。畑には1㎡当たり堆肥3kg、苦土石灰100g、化成肥料200gを施しておきます。栽培期間が長いので乾燥や肥料切れで株が弱ることのないよう、適当なタイミングで追肥と水やりをします。寒さにあたると一層甘みが増します。