ビオラで楽しむ
ハンギング作り

  • 文字サイズ

ハンギング作りに挑戦してみませんか?

パンジー・ビオラは寒さに非常に強いだけでなく、色幅が非常に富んでいるということもあって秋~春の代表的な花壇苗として知られています。ホームセンターなどで苗を購入してから花を楽しむというのが一般的でしょうが、お好みの品種が店頭にない場合はぜひタネから育てて楽しんでいただきたいと思います。今回紹介するハンギング作りでは、開花性および分枝性に優れたビオラのタネをまいて、小さな段階で植え込むことにより9~10月に生育を促し、秋の早い段階から花を楽しむことを目標にしました。実際の手順を紹介しましので、挑戦してみましょう!

タネまきの準備

ホームセンターなどで売られている育苗用のセルトレイを準備します。128穴のセルトレイが作業の簡便さからおすすめしますが、他のサイズでも使用可能です。セルトレイにタネまき用の培土をつめてジョウロなどで水をやります。

できるだけ細かい水滴になるようなジョウロなどを使ってたっぷり水をやりましょう。その後、指などで5mm程度の穴を開けます。

タネをまきます

紙コップなどを縦半分に切ったものを使用します。ピンセットなどを使って1穴に2粒程度タネをまきます。このタネまき方法はタネの小さい種類の草花にはおすすめです。

タネをまき終えたら、バーミキュライト等でタネが隠れる程度に手またはふるいなどを使って均等にふります。

タネまき用の土でも代用可能ですが、保水性と排水性を兼ね備えたバーミキュライトをおすすめします。品種名やタネをまいた日などを記入したラベルをつけておくと便利です。

ジョウロやホースに蓮口をつけてたっぷりと水をやります。土が動いてタネが流されるのを防ぐため、ジョウロの口を上向きにしてなるべく霧状にしましょう。

苗作り中の管理

30℃以上の高温では発芽力が低下するので直射日光のあたらない半日陰で通気性のよい場所に置いて発芽させます。発芽するまでは雨天時以外は毎日午前中軽めに水やりをします。午後も3時くらいまでは表面が乾いたら同様に水をやります。バーミキュライトを使用した場合は土の色がやや薄くなりますのでこれを水やりの目安とします。

およそ1週間で発芽します。高温等でやや発芽がばらつく場合がありますが、発芽し始めてから5日程度でほぼ発芽します。

発芽がほぼそろったら、1セルに1本になるように間引きします。なるべく大きな苗を残して、小さな苗をピンセットなどでゆっくりと根を切らないように上に引き抜きます。間引いた後は、ジョウロなどで軽く水をかけて馴染ませます。

タネまき後、約2週間で本葉がでてきて徐々に生育が進みます。このころになると水やりは表面が乾くのを目安に行います。

植え替え

8月初旬にタネをまいた場合9月上旬、約40日程度で植え替え時期になります。

本葉で7~8枚になり隣の苗と重なってきます。直径約5mm程度の箸のような棒を使って苗だしを行います。セルの下にある穴に棒を押し込んで苗を植えに出します。穴が小さいセルトレイの場合は穴のサイズに合わせた棒を使用します。

根が全体に回って土が崩れないようであれば植え付け適期です。

ハンギングには市販のハンギングバスケットを使用します。

植え付け部分は付属のスポンジをセットします。

バスケットに3分の1弱の土を加えます。土は市販のプランター用の培土を使うと便利です。

このバスケットの場合、5列ありますので今回は中央および両端の列に2株、残りの列に1株および上部に2株の計10株を使用します。

1段目として苗出しした苗をスポンジ部分から外側に出していきます。さらに土を3分の1弱、加え2段目さらに3分の1弱を加え3段目と植え付けます。

最後に土を加えて上部に2株を植え付けます。今回は10株使用しましたがこの株数はバスケットのサイズ、用途および時期等によってアレンジ可能です。

植え付け後にジョウロなどでたっぷりと水をやります。

その後の管理

その後は土の表面が乾いてから水をやるようにします。

10月には開花が始まります。ビオラを使用すると開花が早く花数も多いのが特長です。

さらに生育が進んで株同士が重なってきました。11月には開花も進んで花数も増えてきます。バスケットを覆い尽くすように株が大きくなり花数もさらに増えてきて秋からボリュームのある花を楽しむことが出来ました。

吊り鉢にも植えてみました。

1株でこのボリュームです。バスケットだけでなく鉢植えでも同様に楽しむことが出来ます。やや小さめの鉢を使うと秋にボリュームのある苗を作ることが可能です。

ラティスフェンスなどにかけてボリュームのある株を楽しめます。可能なかぎり日当たりがよい場所に置きましょう。霜にあたらない場所におくとより株の傷みが軽減され、春まで充分楽しむことができます。

タネから育てる楽しみ

タネから育てることができるようになれば、花作りの楽しみは一気に広がります。ほんのわずかな場所さえあればセルトレーで苗を育てることは可能で、花壇など十分な場所がなくとも、ハンギングでなら華やかさを演出できます。更に上達すればユニークな品種を見つけて自分なりのアレンジも楽しめます。皆さんもぜひ挑戦してみて下さい。

今回はハートカクテルを用いました。ハートカクテルは横張性があり生育旺盛なのでこのようなハンギングには最適品種です。

トーホクでは多くのパンジー・ビオラ品種を販売しております。好みに合った品種を探してガーデニングをお楽しみ下さい。