サラダそら豆

11;サラダそら豆8747

特性

莢の長さは20~25cmで1莢の中に5~7粒入る多収品種です。あまくておいしいので様々な調理に用いることができます。莢が上向きの若い豆は生でも食べられ、種皮をむくと中は鮮やかな緑色でサラダに最適です。

発芽適温

15~20℃

生育適温

15~20℃

   

栽培方法

連作を嫌うので3~4年マメ類を作ってない畑を選びます。畑には1㎡当たりたい肥2kg、苦土石灰120g、化成肥料50gを施しよく耕しておきます。マルチをすると雑草防止、地温確保と水分保持に有効です。直まき、移植栽培のいずれも栽培できます タネのオハグロの部分を下に向けて差し込むようにまき、頭の部分を少し地上に出します。ポットで育苗したときは本葉2枚くらいで定植します。花が終わり莢が肥大してきたら、化成肥料を1株あたり40g施し土寄せを行います。莢につやが出てきて、下を向いてきたら収穫適期です。莢が上向きのときに収穫すると生でも食べられますが、かるく塩茹でしたり電子レンジで加熱して様々な調理に用います。