秋どりさやえんどう 秋姫

秋どりさやえんどう8727

特性

夏にタネをまいて秋にとれる美味しい絹さやえんどうです。莢は7~8cm前後の鮮緑色で、早くからとれる品種です。

発芽適温

15~20℃

生育適温

15~20℃

   

栽培方法

連作を嫌うので3~4年マメ類を作ってない畑を選びます。畑には1㎡当たりたい肥2kg、苦土石灰120g、化成肥料50gを施しよく耕しておきます。暑い時期の栽培は、白マルチなどで栽培して立ち枯れ病を防ぎます。約2cmの深さにタネを4~5粒まき、発芽後1~2本に間引きます。ポットで苗を育てるときは本葉4枚位で畑に植え、その後株元にたっぷりと水やりをします。草丈が伸びるので、支柱・ネットを利用して株が倒れないようにします。莢が成り始めたら1株当たり50gの化成肥料を数回施します。高温期に開花すると花が落ちて莢にならない場合がありますから注意して下さい。