エンドウ(絹さやエンドウ)

絹莢豌豆 英名:Snow pea 植物分類:マメ科

代表品種:絹さやえんどう

収穫物写真

タネの写真

芽生え写真

本葉が出た頃

商品の特徴

トーホクの絹さやエンドウはいずれも越冬性に優れ、風味も充分。市場性の高い色と形状を兼ね備えていますから、家庭菜園から直売所などへの出荷まで自信を持ってお薦め出来る品種です。早春の採れ始めの味わいは長い冬の終わりを実感するには充分な食材。また初夏にかけても重宝する野菜。畑にはぜひ作っておきたい品目です。

栽培難易度

初心者~初級者向き

注意事項

豆類を3~4年作っていない畑を選びましょう

調理メモ

筋を取る際には、まず莢の先から内側に向けてとり、その後ヘタを持って外側をとっていきます

  • 絹さやえんどう

    寒さに強く春先早くから花が咲き、莢はさわやかな緑色で食味の良い絹さや

  • 早生赤花絹さや

    寒さに強く、春先の生育は旺盛で、莢の秀品率が高い品種です

  • 春まき絹さや

    寒さに強く、早くから収穫できる春まきに適したおいしい絹さやエンドウ

  • つるなし 赤花えんどう

    やや小さめの莢が短期間に連続してとれる、つるの伸びない品種

  • 赤花鈴成砂糖

    寒さに強い小型の絹さや。草丈130cmでたくさん採れるやわらかい品種

  • 兵庫絹さや

    越冬性の高い極早生種。甘く品質の良い莢がたくさんとれる豊産種

  • 仏国大さやえんどう

    晩生で長さ10cm位のビッグサイズの莢で、やわらかく美味しい

  • 秋どりさやえんどう 秋姫

    夏にタネをまいて秋にとれる早生種。鮮やかな緑色のおいしい絹さや