インゲン(つるなし)

隠元・菜豆 英名:French bean 植物分類:マメ科

代表品種:つるなしいんげん テンダーグリーンPB

収穫物写真

タネの写真

芽生え写真

本葉が出た頃

商品の特徴

インゲンは生育スピードが早く1年に3回収穫できることから関西では三度豆と呼ばれます。つるなし種は場所もとりませんから、ちょっとした空いた場所でもタネをまいておけば、十分な量の収穫があって食材としても重宝し、サクサクとした歯切れの良い食感だけでなく栄養価も期待できる優れた野菜です。

栽培難易度

初心者~初級者向き

注意事項

豆類を3~4年作っていない畑を選びましょう

調理メモ

莢インゲンは塩で板ずりしてから茹でると色鮮やかになります

  • つるなしいんげん テンダーグリーンPB

    タネまき後約50日で13cm位のスジなしで濃緑丸莢が収穫できる極早生種

  • つるなしいんげん グリーンマイルド

    作りやすいつるなし。鮮やかな緑色で極めてやわらかな丸莢。良質の多収タイプ

  • つるなし 山城黒三度

    タネまき後約55日で収穫できる極早生種。若莢にはスジがなくやや太めの丸莢

  • 金時いんげん

    若莢は煮食に使える肉厚の平莢。実は赤紫色で大粒の金時豆となる兼用種

  • つるなしやわらかロマノ

    平莢で風味豊かでシャキシャキした食感。生育旺盛でつるなし多収

  • 平莢キングマーケット

    莢は幅1~2cm、長さ20cmと長めで、きれいな緑色でやわらかな豊産種

  • 秋どり つるなしいんげんカーニバル

    秋にとれる極早生種。タネまき後約50日で、やわらかいのッスジなしの濃緑丸莢