カブ

蕪 英名:Turnip 植物分類:アブラナ科

代表品種:サラダかぶ 雪の華

収穫物写真

タネの写真

芽生え写真

本葉が出た頃

商品の特徴

カブは日本には弥生時代に伝わったとされる古い野菜です。全国各地で実に様々な品種が分化し、今も地域の食生活に根付いています。トーホクはそれらの多くを大事に守っています。また野菜の芸術品とも呼ばれる「金町小カブ」については、純白で腰高の美しい形と、きめ細かい肉質と繊細な甘味をそのままに、各種病害耐性を付け加えることに成功し、多くの産地でも高い評価を受けています。

栽培難易度

初心者向き

注意事項

同じアブラナ科に属する野菜を数年作ってない畑を選びましょう。

調理メモ

葉は根とは別に塩茹でし、よく水気を切ってから保存し、調理に使いましょう。

  • サラダかぶ 雪の華 (はな)

    やわらかく甘味があり、極めてみずみずしい品種で、サラダなどの生食に向いています。緑のきれいな葉茎もやわらかくておいしく味わえます。小カブから中カブ位のサイズまで使えます。

  • 根こぶ病に強いかぶ白露

    根こぶ病などの土壌病害に強いので連作で病気が心配な畑には最適。きれいな肌で割れも少なく、安心して栽培できる良質の品種。小カブから中カブサイズまで収穫できます。

  • すみれかぶ

    紫と白のコントラストが美しく、小~中カブサイズで随時収穫できます。食味も良く、漬け物やサラダなど様々に使えます。ス入りが極めて遅く、収穫後の店もちにも優れます。

  • 聖護院かぶ京の雪

    千枚漬やかぶら蒸しに用いられるやわらかく作りやすい大カブの代表的品種。生育旺盛で病害に強く、ス入りも遅く品質に優れます。肥大力もあって良く揃い、収量が期待できます。

  • 本紅丸かぶ

    しっかりとしたやや硬めの肉質で、表皮と内部中央が鮮やかな紅色となり、甘酢で全体がきれいな鮮紅色に漬け上がります。じっくりとした肥大で、畑に長く置いておくことができます。

  • 時なし小かぶ

    天候不順によく耐える栽培特性ですから、早まきや遅まきなどでも安定して作れます。揃い良く、肌つやのきれいな玉に仕上がります。葉痛み少なく、おいしい葉茎も楽しめます。

  • あずま金町かぶ

    金町系のなめらかなでみずみずしい食感と洗練された味わい。純白の肌も抜群に美しい高品質品種。割れや病気に強く作りやすい栽培特性で、良質の葉は様々に利用できます。

  • のぞみかぶ

    収穫の幅があり、小カブから中カブまで随時収穫できる便利な品種。肉質優れ、やわらかくきれいな玉で良く揃い、耐病性あって作りやすいので家庭菜園に最適の品種です。

  • 雪姫かぶ

    耐病性あって作りやすく、ボリュームのあるやわらかい肉質でよく揃う小カブ。じっくりとした生育で畑に長く置けます。しなやかな葉軸は作業性にも優れ、直売所出荷にも適します。

  • 極早生大丸かぶ 越の雪

    早太りでス入りの遅い大かぶ。肌は光沢のある純白色で肉質ち密で甘みがあります。繊維質を感じさせず歯切れがよいので、生食はもとより品質の良い千枚漬けに仕上がります。 

  • 大野紅丸かぶ

    甘酢で美しい鮮紅色に漬け上がる赤カブの代表品種ですが、病気に強く栽培しやすく揃いも良く改良された交配種です。きめ細かく、やや硬めでしっかりとした肉質で、甘みがあります。

  • 天王寺かぶ 城の雪

    従来の天王寺かぶを病気に強く改良しました。小カブから中カブまで幅広い収穫タイミングがあります。甘味があって煮くずれにくく、サラダにも使える美味しい肉質です。

  • 日野菜かぶ

    滋賀県の「日野菜漬け」で全国的に有名な細長いカブ。地上に出ている部分は鮮やかな紅色で、地中部分は純白ですが、漬けると全体が見事な桜色となります。

  • 寄居かぶ

    新潟県寄居町発祥の品種。肉質やわらかく甘味に富み、太りが早く小カブから大カブサイズまで利用できます。また葉が格別やわらかく、間引き菜がおいしいのもうれしい特長。

  • 博多据りかぶ

    福岡市周辺で育てられた在来種。寒さに強く育てやすく、冬から早春にかけて収穫する中カブ品種。根は豊円形で肉質ち密、甘みもあっておいしく、漬物や煮物として利用されます。

  • 富山かぶ

    富山市周辺で古くから受け継がれてきた寒さに強い雪中どり用の在来種。厚みのある豊円形で、光沢のあるなめらかな肌。ス入りが遅く、肉質ち密でく美味しい品種です。

  • 萩ころげかぶ

    山口県の伝統野菜。成長した大きな葉が横倒しになる様子が転げているように見え、名付けられたと言われています。肉質やわらかく、茎葉と共に利用できます。

  • ゆるぎかぶ

    「万木(ゆるぎ)」と書き、滋賀県高島市安曇川町万木地区で受け継がれてきた在来の赤カブ。表皮の鮮紅色も内部の白も実に美しく、風味豊かな漬物用で近江の伝統野菜です。

  • 飛騨紅かぶ

    岐阜県高山市周辺で古くから育てられてきた紅カブ。根の表面は鮮やかな紅色。内部は乳白色で、やわらかくヌメリがあり、葉もやわらかい。美しくおいしい漬物に仕上がります。

  • 戸矢かぶ

    佐賀の伝統野菜。暑さに強く生育が早いので40日位で収穫できます。表面は赤紫色と白色の鮮やかなコントラストで、正月の菊花かぶなど、やわらかい肉質を生かし漬物などに利用します。

  • 温海かぶ

    山形県庄内地方の焼畑栽培で有名な紅カブ。根の外側は濃い赤紫色ですが内部は白色で、肉質ち密でやや堅く甘みがあります。皮はうすく酢漬けにすると全体がきれいな紅色になります。

  • 津田かぶ

    島根県松江市津田地区で育成され受け継がれてきた伝統野菜。根は地上部に伸び上がり牛角形になり、甘く独特の香りと歯応えで、出雲の冬になくてはならない漬物食材です。

  • 新津田かぶ

    津田かぶを島根県農業試験場で改良した品種です。食味の良さはそのままに、地上部に伸び上がった部分の紅色がより一層鮮やかになりました。漬物にしても色あせることはありません。

  • 加賀青かぶ

    加賀地方で古くから受け継がれてきた在来種で、冬の味覚「かぶら寿司」になくてはならない青カブ。硬く締まった肉質と独特の香りと風味が身上で、伝統料理を支える貴重な野菜です。