な花・トウ菜

花菜・薹菜・菜芯 英名:Rapeseed 植物分類:アブラナ科

代表品種:のらぼう菜

収穫物写真

タネの写真

芽生え写真

本葉が出た頃

商品の特徴

花芽を伸びた茎ごと収穫する野菜です。特に冬の寒さに耐えて早春に伸びる新芽は、次世代のために貯めた貴重なエネルギーをそっくり頂くのですから美味しいに決まっています。トーホクでは全国に伝わる様々な品種を大切に維持してお楽しみいただけるよう準備しております。

栽培難易度

初心者向き

注意事項

連作は避けましょう

調理メモ

直ぐに花が開いてしまいますから収穫したらすぐ調理します。塩を利かせて軽く茹で、流水にさらしてからしっかり絞ります

  • あまいサラダスティック

    アスパラガスのように伸びてきた蕾と茎を一緒に食べる野菜。たいへんあまくポリポリとした食感で、そのまま生で食べられますし、おひたしや油いためにも使えます。周年作ることができますし、生育スピードが非常に早く、手軽に作れる野菜です。

    banner2

  • な花(寒咲花菜)

    ふくらんだ蕾を食べる伏見系品種。とう立ちが早く、わき芽からの枝分かれも多い

  • サラダアスパラ菜

    秋にタネを播いて越冬させ、早春に出てくる蕾と花茎を食べる野菜です。アスパラガスのような甘く美味しい歯ざわりで、色は照りのある濃緑で他にない独特の品種です。またわき芽が次々とれますから長く楽しめます。軽く下茹でしてサラダやおひたし、炒め物など様々な調理に利用でき、そのままでも充分やわらかいので生でも食べることができます。比較的早生ですから、いち早く春の息吹を味わえる品種です。

  • のらぼう菜

    「野良坊菜」と書き、耐寒性に優れ春先にわき芽がたくさん伸び、長く楽しめます

  • アスパラ菜

    「とう立ち」したやわらかな茎と蕾を食べます。わき芽は次々と出て長期間楽しめます

  • 芯切菜

    生育旺盛で作りやすく、くせのない甘味は格別。春先に味わいたい野菜のひとつ

  • 紅菜苔 (コウサイタイ)

    茎が紅色の中国野菜。わき芽は次々と収穫でき、歯ざわりよく風味があります

  • 新潟とう菜(三月菜)

    新潟小松菜系のとう菜。わずかにぬめりのあるやわらかさと独特の風味が特長

  • くき立ち菜

    早春にとう立ちした茎葉を食用にします。寒さに強くやわらかく独特の風味

  • かき菜

    北関東両毛地方で育てられた品種。早春の息吹を感じる風味豊かな野菜です

  • おり菜

    秋から冬にやわらかく風味あるトウを折って食べます。雪の下でもよく耐えます

  • 勝山水菜

    福井県勝山市名産。畑に水を入れ雪をとかし成長を早めた花芽は早春の絶品

  • 大崎菜

    早春に10cm位に伸びたやわらかな茎葉を食べます。味の良いと評判です

  • つぼみ菜

    やわらかい茎葉は早春の味わい。比較的早くからトウが伸びるタイプです

  • 川流れ菜

    新潟県下越地方で育てられた早春の野菜。「晩生折菜」とも呼ばれます

  • おくはる菜

    寒さに強く作りやすく、春に伸びてきた「とう」を食べます。太くてやわらかなかき菜

  • 五月菜

    晩生のかき菜。「カブレナ」とも呼ばれ、太くてやわらかな茎葉で春を味わう野菜

  • ちぢみかぶれ菜

    太茎で葉にはちぢみがある肉厚。春に伸びる「とう」は青物のない時期の必須野菜

  • ちりめん冬菜

    長野県佐久地方で育てられた太くて風味の良いとう菜。「雪菜」とも呼ばれます

  • ちぢみ五月菜

    やや晩生のかき菜。細かいちぢみがのある葉で、青くささのない甘い味わい

  • おいしい「菜」を作ってみませんか のらぼう菜

    寒さに耐えて栄養を貯めこみ美味しくなったわき芽を春先に次々とって味わいます