POINT

1.まく前にタネを水に浸さないこと。
2.ふつうは直まきするが、タネを鳥に食べられる恐れがある場合は、ポットにまいて小苗のうちに菜園に移植することもできる。
3.小苗の方が寒さに強い。
4.苗の北側の土を盛って、北風から寒さを防いでやる。
※ 表はあくまで目安です。地域や気候などによって多少異なります。

エンドウ /マメ科

特徴と栽培のポイント
発芽適温 15〜20℃ 育成適温 15〜20℃
・直まきして鳥害の恐れがある時は、ポットにまいて小苗のうちに移植する
・茎が細いのでつるなし種でも短い支柱を立てる

ソラ豆 /マメ科

特徴と栽培のポイント
発芽適温 15〜20℃ 育成適温 15〜20℃
・まく時のタネの向きに注意する
・収穫時期になるとアブラムシが非常に付きやすくなるので、徹底的に駆除する